ウェブデザイナーの毎日のお仕事のメモ

作成日:2021.03.18  最終更新日:2021.03.18

WordPress

wordpress カテゴリの一覧をリストで表示する方法

カテゴリの一覧をリンク付き、リンク無し、など、色々なパターンで表示させる方法のまとめです。

wp_list_categoriesの使い方

基本の書き方

以下のように

<ul>
<?php wp_list_categories(); ?>
</ul>

と書くと、以下のように表示されます。

<ul>
<li class="categories">カテゴリー
<ul>
<li class="cat-item cat-item-2"><a href="リンク">カテゴリ名</a></li>
<li class="cat-item cat-item-1"><a href="リンク">カテゴリ</a></li>
:
</ul>
</li>
</ul>

見出し部分のカテゴリーを表示しない書き方

カテゴリーという見出しがついているのが嫌な場合は、以下のように、title_liを追加します。

<ul>
<?php wp_list_categories('title_li='); ?>
</ul>

そうすると、以下のように一番上に表示されていたカテゴリーが消えた状態になります。

<ul>
<li class="cat-item cat-item-2"><a href="リンク">カテゴリ名</a></li>
<li class="cat-item cat-item-1"><a href="リンク">カテゴリ</a></li>
:
</ul>

特定のカテゴリーを絞って表示する書き方

このカテゴリーだけ表示したい、という場合は、カテゴリidを以下のように指定します。
ちなみに、上の、見出しを表示したくない、と組み合わせて使用する場合は、『&』でつなぎます。

<ul>
<?php wp_list_categories('title_li=&include=3,4'); ?>
</ul>

特定のカテゴリーを除外して表示する書き方

上とは逆に、このカテゴリは表示したくない、という場合の書き方は、表示したくないカテゴリIDを以下のように指定します。

<ul>
<?php wp_list_categories('title_li=&exclude=5'); ?>
</ul>

特定のカテゴリの子カテゴリのみ表示する書き方

特定のカテゴリのカテゴリIDを以下のように指定します。

<ul>
<?php wp_list_categories('child_of=8'); ?>
</ul>

最新記事