ウェブデザイナーの毎日のお仕事のメモ

作成日:2021.02.10  最終更新日:2021.02.15

WordPress

WordPressで任意のテンプレートパーツをつくってそれを読み込む書き方

ウェブサイトをつくっていると、サイト内で何度も出てくるパーツがあるかと思います。それをパーツ化して、必要なときにそのパーツを読み込む書き方、のメモです。

独自のWordpressのテンプレートパーツをつくる

パーツは、phpファイルに作成します。
例えば、sample.phpに、パーツ化したいコードを書きます。
パーツ化したいコードは適宜違いますので、具体的なコードは書きません。

独自のWordpressのテンプレートパーツを読み込む方法

任意のページで読み込むための書き方は、以下のようになります。

<?php get_template_part( $slug, $name ); ?>

なので、
先ほど用意したsample.phpを任意のページで読み込むためには、

<?php get_template_part( 'sample' ); ?>

となります。

テンプレートパーツのファイルがサブフォルダに格納されている場合

先ほどまでの書き方は、読み込み元のファイルとテンプレートパーツのファイルが同フォルダ内に格納されている場合の書き方です。

なので、
sample.phpというテンプレートパーツのファイルが、"templates"サブフォルダに入っている場合は、

 <?php get_template_part( 'templates/sample' ); ?>

と、フォルダを指定して読み込む必要があります。

"templates" というサブフォルダがテーマディレクトリ内にあり、
"sample-test.php" というテンプレートパーツのファイルがそのサブフォルダにある場合、get_template_part() を以下のように記述します。

 <?php get_template_part( 'templates/sample','test' ); ?>

最新記事